よく見る「ぶつからないクルマ」というフレーズにテレビCMがありますよね。トヨタやホンダなどメーカーによってプリクラッシュ・セーフティー センス・エマージェンシーブレーキなどと呼び方が違いますが、どのメーカーの自動ブレーキシステムを大差なく同じだろうと思っていました。実は、大きな違いがあることを自動車メーカーの営業担当に教えてもらいましたのでお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自動ブレーキシステムで止まる車は?ASV評価の高い車種とメーカー|動画で性能確認

踏み間違えによる事故やスマホなどの操作や通話でよそ見運転して事故を起こすことが多いように思いますね。高齢ドライバーの方もそうですが、歩行者に突っ込んでしまい交通事故を起こす事故も多く聞きます。人が運転する車なので、絶対は・・・

レクサスLX570とランドクルーザーZXの違いは何?おすすめはどっち?

トヨタの最上級SUVと言えばランドクルーザー200で、レクサスで言えばLX570です。ランドクルーザーのレクサス版がLX570ですが、ボディーサイズやエンジンの排気量が違いますが、安全装備などのシステムは同じような機能を・・・

新型のホンダフリードとトヨタシエンタを比較!価格・燃費・広さ・値引きなど

車を購入するとき、どれにしようか迷いますよね。このメーカーがいいとか、この車種がいいという人は迷うことはありませんが、同じグレードの車種は他社にも同じようなのがあり比較検討することが多いと思います。実際に試乗したり、実車・・・

新型(30系)アルファードとヴェルファイアはどっちが値引きする?

トヨタのディーラー販売店は、トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店があります。アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で販売されています。アルファードとヴェルファイアは、フロントのイメージが大きく違うだ・・・

自動ブレーキシステムのセンサーの種類は3つ

自動ブレーキシステムは車などの障害物や人間を検知して、衝突を回避したり、衝突時の衝撃を緩和することができるシステムのことです。エアバッグやABSなどの安全装備が標準装備になってきた今、新たな安全性能として自動ブレーキをオプション設定や標準装備として搭載している車が増えてきました。

この自動ブレーキシステムのセンサーとして使われているのがミリ波レーダー・赤外線レーザー・ステレオカメラ(光学カメラ・シングルカメラ)の3種類です。その違いを簡単にまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新型のホンダフリードとトヨタシエンタを比較!価格・燃費・広さ・値引きなど

車を購入するとき、どれにしようか迷いますよね。このメーカーがいいとか、この車種がいいという人は迷うことはありませんが、同じグレードの車種は他社にも同じようなのがあり比較検討することが多いと思います。実際に試乗したり、実車・・・

レクサスLX570とランドクルーザーZXの違いは何?おすすめはどっち?

トヨタの最上級SUVと言えばランドクルーザー200で、レクサスで言えばLX570です。ランドクルーザーのレクサス版がLX570ですが、ボディーサイズやエンジンの排気量が違いますが、安全装備などのシステムは同じような機能を・・・

自動ブレーキシステムで止まる車は?ASV評価の高い車種とメーカー|動画で性能確認

踏み間違えによる事故やスマホなどの操作や通話でよそ見運転して事故を起こすことが多いように思いますね。高齢ドライバーの方もそうですが、歩行者に突っ込んでしまい交通事故を起こす事故も多く聞きます。人が運転する車なので、絶対は・・・

新型(30系)アルファードとヴェルファイアはどっちが値引きする?

トヨタのディーラー販売店は、トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店があります。アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で販売されています。アルファードとヴェルファイアは、フロントのイメージが大きく違うだ・・・

ミリ波レーダー

【メリット】

・遠くの障害物も検知できる
・天候に影響されにくい

【デメリット】

・コスト高
・自転車や人間を障害物と判断できない

赤外線レーザー

【メリット】

・価格が安い

【デメリット】

・検知距離は約30mとされている
・自動ブレーキ作動速度は時速30kmが限界

ステレオカメラ

【メリット】

・形状を認識でき人間や自転車などを見分ける
・検知距離や角度がある程度あり自動ブレーキで止まる距離をカバーできる
・比較的安い

【デメリット】

・天候に左右されることがある
・逆光などの光に弱い

自動ブレーキの各社性能比較

メーカー トヨタ ホンダ マツダ スバル 日産
システム名 TOYOTA
Safety
SenseC
HONDA
SENSING
i-ACTIVE
SENSE
EyeSight
(Ver3)
エマー
ジェンシー
ブレーキ
センサー レーザー
レーダー
単眼カメラ
ミリ波レーダー
単眼カメラ
レーダー
単眼カメラ
短距離レーザー
ステレオカメラ 単眼カメラ
検知対象
車両
検知対象
自動二輪車
検知対象
自転車
検知対象
人間
作動速度 約10~
80km/h
5~
80km/h
4km/h~ 全車速 対車両
10~
80km/h
対歩行者
10~
60km/h
衝突回避
速度

30km/h
以下
明記なし
20km/h
以下

50km/h
以下

30km/h
以下
追従機能付
クルーズ
コントロール
作動速度 5~
100km/h
30~
100km/h
全車速
車線逸脱
警報
操舵制御
逸脱制御
操舵制御
中央維持
AT誤発進
抑制制御
AT誤後進
抑制制御
後側方
支援機能
オート
ハイビーム

メーカー別の比較してみましたが、車種によって最新のバージョンだったり、そうでなかったりするので、一概にすべての車種が対象ということではなありません。独立行政法人自動車事故対策機構・国土交通省のサイトや自動車メーカーのサイト情報からまとめたものです。

自動ブレーキ性能が圧倒的に良いスバル

各社の自動ブレーキの性能をまとめた上記の一覧表を見ると変わるように、性能には大きな違いがあります。

・人間を検知出来るかどうか
・バイクや自転車を検知できるかどうか
・作動速度域は何km/hか
・クルーズコントロールの追従機能があるか

自動ブレーキの性能を見て気が付くと思いますが、自動ブレーキが作動する速度範囲があるということに。クリープ現象のときや80km/h以上で走行しているときには作動しないので、衝突回避をすることなくぶつかってしまうということです。速度の指定が無いのはスバルだけということです。ただし、必ず止まるとは言えませんが、高い確率で被害軽減することができます。

トヨタがプリクラッシュセーフティシステムはミリ波レーダーと単眼カメラを使い、歩行者も認識できるトヨタ セーフティセンスPというシステムを搭載している車種も出ています。でも、歩行者に対しては、10~80km/hで作動し、車両に対しては約10km/h以上で作動します。

車種別のプリクラッシュセイフティのASV技術に関しては、「独立行政法人 自動車事故対策機構」で動画を確認することができます。

【スバル インプレッサ対歩行者 遮蔽物あり(35km/h)】

車種別に対歩行者と対車の自動ブレーキの軽減ブレーキ試験動画が公開されていますので、購入を検討している車種を確認しておくといいかも知れません。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新型(30系)アルファードとヴェルファイアはどっちが値引きする?

トヨタのディーラー販売店は、トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店があります。アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で販売されています。アルファードとヴェルファイアは、フロントのイメージが大きく違うだ・・・

レクサスLX570とランドクルーザーZXの違いは何?おすすめはどっち?

トヨタの最上級SUVと言えばランドクルーザー200で、レクサスで言えばLX570です。ランドクルーザーのレクサス版がLX570ですが、ボディーサイズやエンジンの排気量が違いますが、安全装備などのシステムは同じような機能を・・・

新型のホンダフリードとトヨタシエンタを比較!価格・燃費・広さ・値引きなど

車を購入するとき、どれにしようか迷いますよね。このメーカーがいいとか、この車種がいいという人は迷うことはありませんが、同じグレードの車種は他社にも同じようなのがあり比較検討することが多いと思います。実際に試乗したり、実車・・・

自動ブレーキシステムで止まる車は?ASV評価の高い車種とメーカー|動画で性能確認

踏み間違えによる事故やスマホなどの操作や通話でよそ見運転して事故を起こすことが多いように思いますね。高齢ドライバーの方もそうですが、歩行者に突っ込んでしまい交通事故を起こす事故も多く聞きます。人が運転する車なので、絶対は・・・

あとがき

自動ブレーキシステムの性能は、どれも同じかと思っていたら大きな違いがあることを知りました。特に、速度域が設定されていて、その範囲外での走行時は自動ブレーキシステムが作動しないということを改めて認識しました。なんで速度域が設定されているのでしょうか。1km/h~無制限でシステムが稼働するようにすることは、出来ないんでしょうかね。

自動ブレーキが作動して、スピードが少しでも下がってから衝突するのと、スピードが下がらないで衝突するのでは大きな違いがあると思います。

その点で言えば、スバルのEyeSight(アイサイト)が最先端をいっているということになります。この自動ブレーキだけで選ぶことは無いと思いますが、

安全性能について再度、認識を改めることができました。


kaitori-300

こんな記事もよく読まれています

自動ブレーキシステムで止まる車は?ASV評価の高い車種とメーカー|動画で性能確認

踏み間違えによる事故やスマホなどの操作や通話でよそ見運転して事故を起こすことが多いように思いますね。高齢ドライバーの方もそうですが、歩行者に突っ込んでしまい交通事故を起こす事故も多く聞きます。人が運転する車なので、絶対は・・・

新型(30系)アルファードとヴェルファイアはどっちが値引きする?

トヨタのディーラー販売店は、トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店があります。アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で販売されています。アルファードとヴェルファイアは、フロントのイメージが大きく違うだ・・・

新型のホンダフリードとトヨタシエンタを比較!価格・燃費・広さ・値引きなど

車を購入するとき、どれにしようか迷いますよね。このメーカーがいいとか、この車種がいいという人は迷うことはありませんが、同じグレードの車種は他社にも同じようなのがあり比較検討することが多いと思います。実際に試乗したり、実車・・・

レクサスLX570とランドクルーザーZXの違いは何?おすすめはどっち?

トヨタの最上級SUVと言えばランドクルーザー200で、レクサスで言えばLX570です。ランドクルーザーのレクサス版がLX570ですが、ボディーサイズやエンジンの排気量が違いますが、安全装備などのシステムは同じような機能を・・・